企業を脅かすネット風評被害もプロの手を借りればこわくない

ネットパトロールで風評の芽を摘む

被害が出る前に策を講じる

ネット風評被害への対策としては発信者の特定や逆SEOなどがありますが、一番大切なのは被害に遭う前に風評を少しでも早く見つけることです。

ことわざにもありますように、人の噂は永遠に続くものではありません。しかし一度悪い噂が立ってしまうと、噂自体がすぐに消えたとしても植え付けられたマイナスイメージを払拭して信頼を取り戻すには相当の努力と時間が必要となります。特に企業においては、顧客や取引先との関係悪化が業績の低下に直接結びついてしまいます。

やましいことは何ひとつないからといってあらぬ噂を見過ごしておくと、後に大きな損害となって降りかかってくる恐れがあります。最悪の事態を想定して、ネット風評被害への対策をしておきましょう。

ネット内を常に見張って先手を打つ

ネットパトロールというと犯罪や子どものいじめなどを見つけるためにウェブサイトを巡回する印象が持たれていますが、ネット風評被害対策としても積極的に導入されていて専門業者も増えてきています。

業者に依頼すれば企業への誹謗中傷についてのサイトをはじめ、各種SNS内での個人のちょっとしたつぶやきに至るまでチェックしてもらえます。特にSNSの巡回は風評の発端となる些細な一言も見逃さずに対処できますので、被害が発生する前に解決する理想的な手段です。

被害が発生してからでは遅いです。備えあれば憂いなし、業者にネットパトロールをお願いして自分の身は自分で守り、ネット風評被害に極力巻き込まれないよう万全の対策をしておきましょう。


この記事をシェアする